秋明菊(しゅうめいぎく) ・ 酔芙蓉(すいふよう)


■秋明菊(しゅうめいぎく) 円覚寺

秋明菊(しゅうめいぎく) 円覚寺 180918撮影  
秋明菊(しゅうめいぎく) 円覚寺 180918撮影  

 

●秋明菊(しゅうめいぎく) 

 

 

 

シュウメイギク(秋明菊)は、涼しくなった人里や野山にひっそりと咲く秋の風物詩です。シュウメイギクの名前は、秋に咲く八重咲きの花がキクに似ていることから名付けられました。

 

実際にはキク科ではなくアネモネと同じキンポウゲ科で、現在では萼片(がくへん)が5枚の一重咲き種が園芸用として人気を集めています。シュウメイギクには花びらがなく、花びらのように見えるのは萼片が大きく変化したものです。

 

この世のものとは思えない可憐な咲き姿から、中国で発見された当初は「秋冥菊」という漢字があてられていました。日本では、京都の貴船山に多く帰化していたことにちなみ、「キブネギク(貴船菊)」の別名でも知られています。

 

花言葉は、「薄れゆく愛情」や「淡い思い」。

 

開花時期は、8~10月。花色は、白、薄ピンク、紫。

 

秋明菊(しゅうめいぎく) 円覚寺 180918撮影   
秋明菊(しゅうめいぎく) 円覚寺 180918撮影   
秋明菊(しゅうめいぎく) 円覚寺 180918撮影   
秋明菊(しゅうめいぎく) 円覚寺 180918撮影   
秋明菊(しゅうめいぎく) 円覚寺 180918撮影   
秋明菊(しゅうめいぎく) 円覚寺 180918撮影   
秋明菊(しゅうめいぎく) 円覚寺 180918撮影   
秋明菊(しゅうめいぎく) 円覚寺 180918撮影   


秋明菊(しゅうめいぎく) 円覚寺 180918撮影   
秋明菊(しゅうめいぎく) 円覚寺 180918撮影   
秋明菊(しゅうめいぎく) 円覚寺 180918撮影   
秋明菊(しゅうめいぎく) 円覚寺 180918撮影   

■酔芙蓉(すいふよう) 円覚寺

酔芙蓉(すいふよう) 円覚寺 180918撮影
酔芙蓉(すいふよう) 円覚寺 180918撮影

 

●芙蓉(ふよう)

 

 

芙蓉は夏を代表する花木の1つです。1つ1つに花が開く期間は短いですが、次々に新しい花を咲かせます。

 

芙蓉は柔らかな花姿と、1日で枯れてしまう儚さから、昔から美しい女性の例えとして使われてきました。このことから、「繊細な美」「しとやかな恋人」という花言葉がつけられました。

 

樹高1.5~3mに生長し、夏になるとピンクや白の花を咲かせます。花は、直径10~15cmと大輪で、朝に開き、夜にはしぼむことが特徴です。開花時期は、7~10月。

 

 

 

 ●酔芙蓉(すいふよう)

 

 

酔芙蓉は、芙蓉の突然変異種で、晩夏から秋に、幾重にも花弁が重なる清楚な白い花が朝早く咲き、午後にだんだん淡い紅色に変わり、夕方になるにしたがって濃い紅色になります。

 

時間がたつにつれて、白い花が濃いピンクへと変色する様子が、酔っ払っていく様子に似ていることから名付けられました。

 

 

酔芙蓉(すいふよう) 円覚寺 180918撮影
酔芙蓉(すいふよう) 円覚寺 180918撮影
酔芙蓉(すいふよう) 円覚寺 180918撮影
酔芙蓉(すいふよう) 円覚寺 180918撮影
酔芙蓉(すいふよう) 円覚寺 180918撮影
酔芙蓉(すいふよう) 円覚寺 180918撮影


酔芙蓉(すいふよう) 円覚寺 180918撮影
酔芙蓉(すいふよう) 円覚寺 180918撮影
酔芙蓉(すいふよう) 円覚寺 180918撮影
酔芙蓉(すいふよう) 円覚寺 180918撮影