石蕗(つわぶき)


■石蕗(つわぶき)

石蕗(つわぶき) 散策路 161105撮影
石蕗(つわぶき) 散策路 161105撮影

●石蕗(つわぶき)

 

 

10月から咲き始める花で、原産は日本、そして台湾の日本で生まれ育った花です。

 

海岸線や日陰でも育つ強い花で、葉っぱが蕗(ふき)に似ていて、艶のあることから「つわぶき」と名前がつけられたそうです。

 

秋から冬にかけて花を咲かせて、花が終わると種はタンポポのように風に散っていきます。黄色の花と艶のある緑の葉が特徴です。

 

花言葉は・・・謙譲」「先を見通す能力」。たくましくも謙虚な意味が多いです。