朝顔(あさがお) ・ 花縮砂(はなしゅくしゃ)ジンジャー


■朝顔(あさがお)

朝顔(あさがお) 散策路 160915撮影
朝顔(あさがお) 散策路 160915撮影

●朝顔

 

 

花名の朝顔は、朝に花を咲かせ、昼にしぼんでしまう様子を「朝の美人の顔」にたとえた「朝の容花(かおばな)」の意味といわれています。

 

夏の終わりに咲く朝顔は秋の到来を告げる花です。紫の花言葉は「冷静」・・

 

花言葉の「はかない恋」は花が短命であることから、「固い絆」は支柱にしっかりとツルを絡ませることに由来します。

 

色: 青、紫、ピンク、赤、白など。開花時期: 7月~9月。






■花縮紗(はなしゅくしゃ)鎌倉東慶寺

花縮砂(はなしゅくしゃ)ジンジャー 鎌倉東慶寺 160909撮影
花縮砂(はなしゅくしゃ)ジンジャー 鎌倉東慶寺 160909撮影

●花縮砂(はなしゅくしゃ)

 

 

東慶寺の境内に咲いていた、ホワイトジンジャー/オレンジジンジャー

 

別名花縮砂(はなしゅくしゃ)

漢方の「シュクシャ(縮砂)」に似ていて花が美しいことから名付けられたようです。

 

花言葉は、「豊かなこころ」。白い大きな蝶の様な花をふんわりと咲かせます。幅広のつやつやとした緑の葉との色の取り合わせも綺麗です。

 

しかし、残念なことにこの花は、1日でしぼんでしまうそうです。