石榴(ざくろ) ・ 葛の花(くずのはな)


■石榴(ざくろ)6月~8月

石榴(ざくろ) 親水公園 180621撮影   
石榴(ざくろ) 親水公園 180621撮影   

 

●石榴(ざくろ)

 

 

 

ザクロの特徴は、赤く先端がとがっている果皮、実が熟すと裂けます。

 

ザクロの名前の由来には諸説あり、原産地とも考えられるペルシア湾東方の「ザグロス山脈」の名にちなんだという説などがあります。

 

ザクロの実の花言葉「愚かしさ」は、うっかりザクロを食べてしまったギリシア神話に由来。もうひとつの花言葉「結合」は、ザクロの果実の粒が集まっているところからきているようです。

 

開花時期は、6月。

 

石榴(ざくろ) 親水公園 180621撮影  
石榴(ざくろ) 親水公園 180621撮影  

石榴(ざくろ) 親水公園 180621撮影  
石榴(ざくろ) 親水公園 180621撮影  


石榴(ざくろ) 親水公園 180621撮影 
石榴(ざくろ) 親水公園 180621撮影 

石榴(ざくろ) 親水公園 180818撮影
石榴(ざくろ) 親水公園 180818撮影
石榴(ざくろ) 親水公園 180818撮影 
石榴(ざくろ) 親水公園 180818撮影 
石榴(ざくろ) 親水公園 180818撮影 
石榴(ざくろ) 親水公園 180818撮影 

■葛の花(くずのはな)

葛の花(くずのはな) 散策路 180708撮影  
葛の花(くずのはな) 散策路 180708撮影  

 

●葛の花(くずのはな) 

 

 

 

季語は初秋。秋の七草の1つとして万葉集にも歌が詠まれ、古くから観賞用の植物として日本人に親しまれてきました。

 

また、漢方薬の葛根湯や、くずきりや葛餅など和菓子の材料としても利用され、日本人にとってはなくてはならない身近な存在の植物となっています。

 

薬として使われることから、「芯の強さ「「活力」「治癒」「根気」といった力強い花言葉が付けられたとされています。

 

開花時期は、8~9月。花色は紅紫色。

 

葛の花(くずのはな) 散策路 180708撮影  
葛の花(くずのはな) 散策路 180708撮影  
葛の花(くずのはな) 散策路 180708撮影 
葛の花(くずのはな) 散策路 180708撮影 
葛の花(くずのはな) 散策路 180708撮影 
葛の花(くずのはな) 散策路 180708撮影 

葛の花(くずのはな) 散策路 180708撮影
葛の花(くずのはな) 散策路 180708撮影