梔子(くちなし) ・ 南天(なんてん)


■梔子(くちなし)

梔子(くちなし) 実家庭 170610撮影
梔子(くちなし) 実家庭 170610撮影

●梔子の花(くちなし)

 

 

初夏の風に鼻をくすぐる甘い香りを放つクチナシの花。

 

クチナシは、ジャスミンのような香りがするので英語では「ケープ・ジャスミン(Cape jasmine)」と呼ばれています。ケープは喜望峰(Cape of Good Hope)のことです。

 

もともと一重咲きのクチナシ。品種改良によりバラのような八重咲きの品種も作り出されておりガーデニアとも呼ばれています。

 

花言葉は、「とても幸せです」「喜びを運ぶ」「洗練」「優雅」。 開花時期は、6月~7月。

梔子(くちなし) 実家庭 170610撮影 
梔子(くちなし) 実家庭 170610撮影 


梔子(くちなし) 実家庭 170610撮影 
梔子(くちなし) 実家庭 170610撮影 


梔子(くちなし) 実家庭 170610撮影 
梔子(くちなし) 実家庭 170610撮影 

梔子(くちなし) 実家庭 170610撮影 
梔子(くちなし) 実家庭 170610撮影 

■南天(なんてん)

南天(なんてん) 実家庭 170610撮影
南天(なんてん) 実家庭 170610撮影

●南天(なんてん)

 

 

南天は、夏に咲いた白い花は徐々に赤色になり、冬になると真っ赤な果実を実らせます。

 

魔除けや火災よけの効果がある植物とされ、江戸時代には玄関先によく植えられていました。鬼門と呼ばれる南西の方角に置くのがよいとされています。

和名の「南天(ナンテン)」は、漢名の「南天燭(なんてんしょく)」を略したものです。

 

花言葉の「私の愛は増すばかり」は、初夏に白い花が咲いた後、その実が晩秋から初冬にかけて真っ赤に色づく姿にちなむともいわれます。開花時期は6~7月。

南天(なんてん) 実家庭 170610撮影
南天(なんてん) 実家庭 170610撮影

南天(なんてん) 実家庭 170610撮影
南天(なんてん) 実家庭 170610撮影

南天(なんてん) 散策路 0606撮影
南天(なんてん) 散策路 0606撮影
南天(なんてん) 実家庭 170610撮影
南天(なんてん) 実家庭 170610撮影

南天(なんてん) 実家庭 170602撮影
南天(なんてん) 実家庭 170602撮影