紫陽花(あじさい) 北鎌倉明月院


■紫陽花(あじさい) 北鎌倉明月院

紫陽花(あじさい) 北鎌倉長谷寺 160602撮影
紫陽花(あじさい) 北鎌倉長谷寺 160602撮影

●紫陽花(あじさい) 北鎌倉明月院

 

 

紫陽花は、日本が原産の落葉低木で原種は日本に自生するガクアジサイです。6月や梅雨時期に咲きその時期を象徴する花のひとつになっています。

 

和名のあじさいは、集「あづ」真藍「さあい」あおいろがあつまる からきているそうです。アジサイの花の色は、一般に土が酸性なら青、アルカリ性なら赤になると言われています。日本の土壌はやや酸性のため、青や紫のアジサイが多く見られます。

 

 

花言葉は、「一家団欒」「冷酷」「無情」。 花色は、紫、青、白、ピンク、赤。 

開花時期は、6月~7月。

紫陽花(あじさい) 北鎌倉長谷寺 160602撮影 
紫陽花(あじさい) 北鎌倉長谷寺 160602撮影 
紫陽花(あじさい) 北鎌倉長谷寺 160602撮影 
紫陽花(あじさい) 北鎌倉長谷寺 160602撮影 


紫陽花(あじさい) 北鎌倉長谷寺 160602撮影 
紫陽花(あじさい) 北鎌倉長谷寺 160602撮影 


紫陽花(あじさい) 北鎌倉長谷寺 160602撮影 
紫陽花(あじさい) 北鎌倉長谷寺 160602撮影 
紫陽花(あじさい) 北鎌倉長谷寺 160602撮影 
紫陽花(あじさい) 北鎌倉長谷寺 160602撮影 

紫陽花(あじさい) 北鎌倉長谷寺 160602撮影 
紫陽花(あじさい) 北鎌倉長谷寺 160602撮影