冬の写句 3

写句の無断転用は、原則禁止とします。


 

 


冬の写句 3


 

 

 

 

■ 古稀の声 35


古稀の声聞こえぬように春を待ち

古稀の声 2020/01/25作句  散策路の朝陽2020/01/02撮影
古稀の声 2020/01/25作句  散策路の朝陽2020/01/02撮影

■ 七十歳の日 34


古稀こえて旅人はるかに梅一輪

古稀こえて 2020/01/25作句  親水緑道の紅梅2020/01/20撮影 
古稀こえて 2020/01/25作句  親水緑道の紅梅2020/01/20撮影 

■ 寒暁(かんぎょう) 33


寒暁やカラス鳴きあい鴨つられ

2018/12/27作句  散策路河川の朝明け2018/12/27撮影
2018/12/27作句  散策路河川の朝明け2018/12/27撮影

■ 冬田(ふゆた) 32


アオサギの白糞垂れる冬田かな

2018/12/13作句 散策路河川の青鷺
2018/12/13作句 散策路河川の青鷺

■ 梅色こだち 31


冬つきて梅色こだち鵯が待つ

2018/03/13作句 2018/02/19撮影 ここから句集Ⅱ
2018/03/13作句 2018/02/19撮影 ここから句集Ⅱ

■ 雪折(ゆきおれ) 30


雪折や鳥飛びかいて足はずし

2018/02/04作句  雪の親水緑道で
2018/02/04作句  雪の親水緑道で