蕗の薹(ふきのとう)2 ・ 日向水木(ひゅうがみずき)


■蕗の薹(ふきのとう)2

蕗の薹(ふきのとう) 散策路 2019/02/27撮影 
蕗の薹(ふきのとう) 散策路 2019/02/27撮影 

 

●蕗の薹(ふきのとう)

 

 

 

早春、土の中からつぼみを出しその後、葉が出ます。

 

冬に黄色い花をつけることから「冬黄(ふゆき)」が略されフキ、花をつける茎、花茎が薹となり、「ふきのとう」といわれるようになったと言われています。キク科フキ属のフキノトウ(蕗・苳・款冬・菜蕗)の薹(学名:Petasites japonicus)は日本では蕗、苳、款冬、菜蕗と言った名前が付いています。

 

開花時期は2月~3月。花色は黄色、白色。

 

花言葉の「待望」は、早春に芽吹く「春の味覚」の一つで、その独特の滋味を待ちかねられる存在であることからと、言われます。

 

蕗の薹(ふきのとう) 2019/02/27撮影
蕗の薹(ふきのとう) 2019/02/27撮影
蕗の薹(ふきのとう) 散策路 2019/02/27撮影  
蕗の薹(ふきのとう) 散策路 2019/02/27撮影  
蕗の薹(ふきのとう) 散策路 2019/02/27撮影 
蕗の薹(ふきのとう) 散策路 2019/02/27撮影 

蕗の薹(ふきのとう) 散策路 2019/02/27撮影 
蕗の薹(ふきのとう) 散策路 2019/02/27撮影 
蕗の薹(ふきのとう) 散策路 2019/02/27撮影 
蕗の薹(ふきのとう) 散策路 2019/02/27撮影 

蕗の薹(ふきのとう) 散策路 2019/02/27撮影 
蕗の薹(ふきのとう) 散策路 2019/02/27撮影 

蕗の薹(ふきのとう) 散策路 219/02/27撮影 
蕗の薹(ふきのとう) 散策路 219/02/27撮影 

■日向水木(ひゅうがみずき)

 

●日向水木(ひゅうがみずき)

 

 

 

大きさ1cmほどの淡い黄色い花がたくさん咲きます。派手な美しさはありませんが、清楚で可憐な印象を受けます。別名は“イヨミズキ(伊予水木)茶花や生花の素材として使用されることが多い花でもあります。名前の由来は、日向(宮崎県)でたくさん栽培されていたという説と、明智日向守光秀の所領だった丹波(京都府の北部)でたくさん栽培されていたという説でがあります。

 

花言葉は、「思いやり」。

 

開花時期は、3~4月。