荏柄天神社の

紅梅(こうばい) ・ 白梅(はくばい)


■鎌倉荏柄天神社の紅梅・白梅

鎌倉荏柄天神社の紅梅・白梅 170111撮影
鎌倉荏柄天神社の紅梅・白梅 170111撮影

●鎌倉荏柄天神社の紅梅・白梅

 

 

早春の季節に甘い梅の香りを漂わせて人々を楽しませてくれる梅は、古くから日本人に親しまれてきました。梅とはバラ科の高木植物で、白あるいは赤い花をまだ風がとても冷たい早春に咲かせます。鼻を花に近づけると甘い香りがするのも特徴です。

 

梅の花言葉は「高潔」「忍耐」「忠実」。白梅は「気品」という花言葉になります。

 

梅は、大きく分けると赤梅(コウバイ)と白梅(ハクバイ)に分けることができます。

「花梅」はここから系統ごとに野梅系・豊後系・緋梅系の3つに分類されますが、野梅系と豊後系の2系統が白梅で、緋梅系が紅梅になります。

 

紅梅と白梅の判別基準は、咲いた花の色ではなく、枝や幹を切った断面で判別されるそうです。


■荏柄天神社の紅梅(こうばい)

紅梅 鎌倉荏柄天神社 170111撮影
紅梅 鎌倉荏柄天神社 170111撮影

学問の神様、鎌倉荏柄天神社の紅梅。受験を見守る親御さんでいっぱいでした。





■荏柄天神社の白梅(はくばい)

白梅 荏柄天神社本殿 170111撮影
白梅 荏柄天神社本殿 170111撮影

1月11日の鎌倉荏柄天神社の白梅、正月早々に咲きました。