椋鳥(むくどり)


■ 椋鳥(むくどり)


春の椋鳥

 

小枝にとまっている椋鳥をはじめて撮りました。

 

 

椋鳥(むくどり)

 

 

全長24cm ほどで、およそスズメとハトの中間ぐらいの大きさです。尾羽を加えるとヒヨドリより一回り小さいです。

 

翼と胸、頸は茶褐色で、頸から頭部にかけてと腰に白い部分が混じり、足および嘴は黄色いです。雄は胸や腹・背が黒っぽく、雌は褐色に近いです。

 

日本国内ではほぼ全域に分布する留鳥で、北部のものは冬には南部に移動するようです。

 

低地の平野や低山地にかけて広く生息し、都市部などの人家付近や田畑などでもよく見られます。