大鷭(おおばん)


■ 大鷭(おおばん)


大鷭(おおばん) 散策路河川 2023/12/16撮影 
大鷭(おおばん) 散策路河川 2023/12/16撮影 

 

大鷭(おおばん)

 

 

大鷭(おうばん)学名:Fulica atra)は、ツル目クイナ科オオバン属に分類される鳥類の一種です。

 

夏季にヨーロッパ、シベリア、朝鮮半島などで繁殖し、冬季になると東南アジアやアラビア半島、サハラ砂漠などへ南下し越冬します。

 

日本では夏季に北海道(夏鳥)、本州、九州で繁殖し、冬季になると本州以南で越冬します(冬鳥もしくは留鳥)。

 

全長32-39cm。翼開張70-80 cm。和名はバンよりも大型であることに由来します。頭部や頸部は黒い羽毛で被われ、頭頂や後頸には光沢があります。胴体は灰黒色の羽毛で被われ、上面は青みがかっています。

 

大鷭(おおばん) 散策路河川 2023/12/16撮影  
大鷭(おおばん) 散策路河川 2023/12/16撮影  
大鷭(おおばん) 散策路河川 2023/12/16撮影  
大鷭(おおばん) 散策路河川 2023/12/16撮影  
大鷭(おおばん) 散策路河川 2023/12/16撮影  
大鷭(おおばん) 散策路河川 2023/12/16撮影