クレマチス ・ コスモス


■クレマチス

クレマチス 散策路 180928撮影
クレマチス 散策路 180928撮影

 

●クレマチス(アーマンディー紫)

 

 

 

今年はあきらめていたクレマチスの花が、咲きました。

 

クレチマスはつる性の植物で、地面や壁面に沿って細長いつるを伸ばし、大きく華やかな花を咲かせます。花びらのように見えるのは、色のついた萼(がく)と呼ばれる葉っぱが変化したものです。クレマチスという名前は、ギリシア語でつるを意味する「klema」が語源で、つるの印象が強いことからイギリスでは「つる性植物の女王」と呼ばれています。北半球を中心として世界中に自生し、形や色、開花の時期も様々です。

 

花色は、赤、ピンク、白、青、紫、黄など。

 

花言葉は、「精神の美」「旅人の喜び」。

 

開花時期は、5~10月。

 

クレマチス 散策路 180928撮影 
クレマチス 散策路 180928撮影 
クレマチス 散策路 180928撮影
クレマチス 散策路 180928撮影
クレマチス 散策路 180928撮影
クレマチス 散策路 180928撮影

■コスモス

コスモス 散策路 180928撮影
コスモス 散策路 180928撮影

 

●コスモス 

 

 

コスモスは「秋桜」と呼ばれ、秋の季語にもなっている植物です。しかし、最近では、夏にも咲いていることから、秋よりも夏のイメージを持っている方も多いかもしれません。

 

花言葉は、白色:『美麗』『優美』、黄色:『野生の美しさ』、茶色:『恋の終わり』、ピンク色:『乙女の純潔』、赤色・紫色:『乙女の愛情』。

 

コスモスの開花時期は、6~11月頃と長いです。これは、7~8月頃に咲く「夏咲き」、10~11月に咲く「秋咲き」、夏咲きと秋咲きの間の9月に開花させる「早咲き」(種まきから約3ヶ月後に開花)の3つの種類が入れ違いに咲いていくからです。見頃を迎えるのは7~10月頃となっています。

 

もともとは、「秋咲き」のコスモスが明治17年に伝わってきた最初のコスモスで、夏咲きや早咲きのコスモスは品種改良によって生まれたそうです。

 

コスモス 散策路 180928撮影
コスモス 散策路 180928撮影
コスモス 散策路 180928撮影
コスモス 散策路 180928撮影
コスモス 散策路 180928撮影
コスモス 散策路 180928撮影

コスモス 散策路 180928撮影
コスモス 散策路 180928撮影
コスモス 散策路 180928撮影
コスモス 散策路 180928撮影