キブシ(木五倍子) ・ 射干(しゃが)


■キブシ(木五倍子)

キブシ(木五倍子) 緑道 2019/03/22撮影 
キブシ(木五倍子) 緑道 2019/03/22撮影 

 

●キブシ(木五倍子)

 

 

 

キブシ科キブシ属のキブシ(木五倍子)(学名:Stachyurus praecox)は別名をキフジ、マメブシ(豆五倍子)といいます。

 

日本では木五倍子と言った名前が付いており、日本が原産地です。

 

花色は雄花は淡黄色、雌花はやや緑色で、葉が伸びる前に総状花序につけます。

花序は小さな花の集まりなのですが、遠くから見ると小さな実が成っているように見えます。

 

花言葉は、「出会い」。開花時期は3月~5月。

 

キブシ(木五倍子) 緑道 2019/03/22撮影 
キブシ(木五倍子) 緑道 2019/03/22撮影 
キブシ(木五倍子) 緑道 2019/03/22撮影 
キブシ(木五倍子) 緑道 2019/03/22撮影 
キブシ(木五倍子) 緑道 2019/03/22撮影  
キブシ(木五倍子) 緑道 2019/03/22撮影  
キブシ(木五倍子) 緑道 2019/03/22撮影  
キブシ(木五倍子) 緑道 2019/03/22撮影  
キブシ(木五倍子) 緑道 2019/03/22撮影  
キブシ(木五倍子) 緑道 2019/03/22撮影  
キブシ(木五倍子) 緑道 2019/03/22撮影  
キブシ(木五倍子) 緑道 2019/03/22撮影  
キブシ(木五倍子) 緑道 2019/03/22撮影  
キブシ(木五倍子) 緑道 2019/03/22撮影  
キブシ(木五倍子) 緑道 2019/03/27撮影  
キブシ(木五倍子) 緑道 2019/03/27撮影  

■射干(しゃが)

射干(しゃが) 緑道 2019/03/22撮影 
射干(しゃが) 緑道 2019/03/22撮影 

 

●射干(しゃが) 

 

 

 

射干は、日本に古くから自生し人里近くで見かけることのできるありふれた花の1つです。

 

アイリスとは一味ちがった可憐さがあり和の庭によく合う雰囲気を持っています。

 

アヤメ科・アヤメ属に分類される常緑性の多年草で、中国が原産とされ日本にも古くから帰化していました。人里近くの森などやや湿った薄暗い場所に自生し、根茎を伸ばして広がります。

 

葉っぱの形が鋭い剣を思わせ、人が踏み入らない日陰に花を咲かせる姿にちなんで、「反抗」という花言葉が付けられました。

 

開花時期は、4~5月。

 

射干(しゃが) 緑道 2019/03/22撮影  
射干(しゃが) 緑道 2019/03/22撮影  
射干(しゃが) 緑道 2019/03/22撮影  
射干(しゃが) 緑道 2019/03/22撮影  
射干(しゃが) 緑道 2019/03/22撮影  
射干(しゃが) 緑道 2019/03/22撮影  
射干(しゃが) 緑道 2019/03/22撮影  
射干(しゃが) 緑道 2019/03/22撮影  
射干(しゃが) 緑道 2019/03/22撮影  
射干(しゃが) 緑道 2019/03/22撮影  
射干(しゃが) 緑道 2019/03/22撮影  
射干(しゃが) 緑道 2019/03/22撮影  
射干(しゃが) 緑道 2019/03/22撮影  
射干(しゃが) 緑道 2019/03/22撮影  
射干(しゃが) 緑道 2019/03/22撮影  
射干(しゃが) 緑道 2019/03/22撮影