矢筈豌豆(やはずえんどう) ・ カルミア(アメリカ石楠花)


■矢筈豌豆(やはずえんどう)

矢筈豌豆(やはずえんどう)散策路 180514撮影   
矢筈豌豆(やはずえんどう)散策路 180514撮影   

 

●矢筈豌豆(やはずえんどう) 

 

散策路に昨年より2週間ほど早くピンクがきれいな矢筈豌豆が咲きました。通称は烏野豌豆(からすのえんどう)。マメ科ソラマメ属の越年草でユーラシア大陸の暖温帯に分布します。

 

「ヤハズエンドウ」の名の由来は、葉の形が矢筈[やはず]に似ているからだそうです。

 

矢筈とは、矢柄[やがら]の本[もと](鳥の羽を付ける方)に、弓弦[ゆづる]を引っ掛けるため入れてある切れ込みのことです。

 

花言葉は、「絆」「小さな恋人達」。

 

花色はピンク色。 開花時期は2~6月。

 

 

矢筈豌豆(やはずえんどう)散策路 180514撮影   
矢筈豌豆(やはずえんどう)散策路 180514撮影   
矢筈豌豆(やはずえんどう)散策路 180514撮影   
矢筈豌豆(やはずえんどう)散策路 180514撮影   
矢筈豌豆(やはずえんどう)散策路 180514撮影  
矢筈豌豆(やはずえんどう)散策路 180514撮影  

矢筈豌豆(やはずえんどう)散策路 180514撮影  
矢筈豌豆(やはずえんどう)散策路 180514撮影  
矢筈豌豆(やはずえんどう)散策路 180514撮影 
矢筈豌豆(やはずえんどう)散策路 180514撮影 

■カルミア(アメリカ石楠花)

カルミア(アメリカ石楠花) 散策路 180517撮影 
カルミア(アメリカ石楠花) 散策路 180517撮影 

 

●カルミア(アメリカ石楠花) 

 

 

 

属名の学名「Kalmia(カルミア)」は、北アメリカの植物を収集したスウェーデンの植物学者ペール・カルム(Pehr Kalm / 1716~1779)の名前にちなみます。

 

花笠のような花姿から花笠石楠花(ハナガサシャクナゲ)の別名もあります。

 

初夏の花で花色は白、ピンク、紫など。

 

花言葉の「優美な女性」は、まるでレースの日傘を広げたような、しとやかで美しい花姿に由来するといわれます。

 

開花時期は、5~6月。

 

 

カルミア(アメリカ石楠花) 散策路 180517撮影 
カルミア(アメリカ石楠花) 散策路 180517撮影 
カルミア(アメリカ石楠花) 散策路 180517撮影
カルミア(アメリカ石楠花) 散策路 180517撮影

カルミア(アメリカ石楠花) 散策路 180517撮影
カルミア(アメリカ石楠花) 散策路 180517撮影