女郎花(おみなえし) ・ 亜米利加鬼薊(アメリカオニアザミ)


■女郎花(おみなえし)

女郎花(おみなえし)MM21 180511撮影   
女郎花(おみなえし)MM21 180511撮影   

 

●女郎花(おみなえし)

 

 

 

オミナエシは沖縄を除く日本全土から中国、東シベリアに分布する多年草です。100~150cmの草丈に生長して小さな黄色い花を咲かせます。花は15~20cmほどでまとまって咲くのが特徴です。

 

乾燥させて煎じたものは「肺醤(はいしょう)」という生薬になり、解熱や解毒作用があります。

 

オミナエシは6~10月が開花期になり、8~9月が最も見頃の季節を迎えます。秋の七草といわれますが、実際には秋の早い時期に咲きます。

 

花言葉は、「美人」「はかない恋」。開花時期は、6~10月。花色は黄、白。

 

 

女郎花(おみなえし)MM21 180511撮影  
女郎花(おみなえし)MM21 180511撮影  
女郎花(おみなえし)MM21 180511撮影  
女郎花(おみなえし)MM21 180511撮影  
女郎花(おみなえし)MM21 180511撮影  
女郎花(おみなえし)MM21 180511撮影  
女郎花(おみなえし)MM21 180511撮影 
女郎花(おみなえし)MM21 180511撮影 

■亜米利加鬼薊(アメリカオニアザミ)

 

●亜米利加鬼薊(あめりかおにあざみ) 

 

 

鋭い刺があるキク科アザミ属の多年草です。原産はヨーロッパ、日本には戦後に渡来したと言われています。

 

花言葉は、「触れないで」。

 

開花時期は、7~9月。

 

 

亜米利加鬼薊(アメリカオニアザミ) 散策路 180514撮影  
亜米利加鬼薊(アメリカオニアザミ) 散策路 180514撮影  
亜米利加鬼薊(アメリカオニアザミ) 散策路 180514撮影  
亜米利加鬼薊(アメリカオニアザミ) 散策路 180514撮影  
亜米利加鬼薊(アメリカオニアザミ) 散策路 180514撮影 
亜米利加鬼薊(アメリカオニアザミ) 散策路 180514撮影 

亜米利加鬼薊(アメリカオニアザミ) 散策路 180607撮影 
亜米利加鬼薊(アメリカオニアザミ) 散策路 180607撮影