合歓木(ねむのき) 散策路 180530撮影 
合歓木(ねむのき) 散策路 180530撮影 

 

合歓木(ねむのき) ・ 立葵(たちあおい)


■合歓木(ねむのき)

合歓木(ねむのき) 散策路 180530撮影
合歓木(ねむのき) 散策路 180530撮影

 

●合歓木(ねむのき)

 

 

 

合歓木(ネムノキ)」は、この植物が夜になるとゆっくりと葉を閉じることから「眠りの木(ねむりのき)」が転訛して、ネムノキになったといわれます。

 

夜になると葉を合わせるように閉じる習性から中国ではネムノキが夫婦円満の象徴とされています。

 

花言葉の「歓喜」「胸のときめき」はこれにちなむともいわれます。

 

開花時期は、6~8月。旬の季節は夏です。

 

 

合歓木(ねむのき) 散策路 180530撮影  
合歓木(ねむのき) 散策路 180530撮影  
合歓木(ねむのき) 散策路 180530撮影  
合歓木(ねむのき) 散策路 180530撮影  

合歓木(ねむのき) 散策路 180608撮影
合歓木(ねむのき) 散策路 180608撮影
合歓木(ねむのき) 散策路 180608撮影 
合歓木(ねむのき) 散策路 180608撮影 

合歓木(ねむのき) 散策路 180609撮影   
合歓木(ねむのき) 散策路 180609撮影   

■立葵(たちあおい)

立葵(たちあおい) 散策路 180529撮影 
立葵(たちあおい) 散策路 180529撮影 

 

●立葵(たちあおい)

 

 

 

白・ピンク 葵は、6~8月の頃に花を咲かせます。梅雨入り頃から茎の下の方から花が咲きはじめ、徐々に上の方の花が咲いていきます。

 

てっぺんの方の花が咲くと、梅雨が明けるといわれています。一年草と多年草のタイプがあり、ハイビスカスに似た花を茎の先にいくつも咲かせます。

 

タチアオイは、もともとは中国原産と考えられていました。ただ、現在ではトルコや地中海沿岸を原産とする植物の雑種とする説が有力といわれています。

 

タチアオイにはたくさんの実がなることから「大望」「野心」「豊かな実り」という花言葉が付けられました。

 

花色は、白、赤、ピンク、オレンジ、黄、黒、紫、複色など。

開会時期は、6~8月。

 

 

立葵(たちあおい) 散策路 180529撮影 
立葵(たちあおい) 散策路 180529撮影 
立葵(たちあおい) 散策路 180529撮影 
立葵(たちあおい) 散策路 180529撮影 
立葵(たちあおい) 散策路 180529撮影
立葵(たちあおい) 散策路 180529撮影

立葵(たちあおい) 散策路 180524撮影 
立葵(たちあおい) 散策路 180524撮影 
立葵(たちあおい) 散策路 180524撮影
立葵(たちあおい) 散策路 180524撮影