山吹一重(やまぶきひとえ) ・ 西洋采振り木(せいようざいふりぼく)


■山吹一重(やまぶきひとえ)

山吹一重(やまぶきひとえ) 親水公園 180329撮影   
山吹一重(やまぶきひとえ) 親水公園 180329撮影   

 

●山吹一重(やまぶきひとえ)  

 

 

山吹は、日本や中国を原産とする落葉低木で、樹高は1~2mほどに生長します。

 

葉っぱは卵型で縁にギザギザがあり、全体に毛が生えています。

 

表面が濃い緑、裏面は淡い緑色をしていることが特徴です。4~5月には、鮮やかな黄色の花を枝の先にたくさん咲かせます。

 

花の直径は2~3cmと小さく、花びらは一重もしくは八重です。

 

この花の姿が美しく、たくさんの和歌にも読まれてきたことから、山吹は春の季語とされます。

 

花言葉は、「気品」「崇高」。開花時期は、4~5月。

 

山吹一重(やまぶきひとえ) 親水公園 180329撮影   
山吹一重(やまぶきひとえ) 親水公園 180329撮影   
山吹一重(やまぶきひとえ) 親水公園 180329撮影   
山吹一重(やまぶきひとえ) 親水公園 180329撮影   

山吹一重(やまぶきひとえ) 親水公園 180331撮影  
山吹一重(やまぶきひとえ) 親水公園 180331撮影  
山吹一重(やまぶきひとえ) 親水公園 180331撮影  
山吹一重(やまぶきひとえ) 親水公園 180331撮影  
山吹一重(やまぶきひとえ) 親水公園 180331撮影 
山吹一重(やまぶきひとえ) 親水公園 180331撮影 

西洋采振り木(せいようざいふりぼく)

西洋采振り木(せいようざいふりぼく)散策路 180331撮影   
西洋采振り木(せいようざいふりぼく)散策路 180331撮影   

 

●西洋采振り木(せいようざいふりぼく) 

 

 

西洋産のザイフリボクという意味で、この名前が付いたようです。

 

別名「ジューンベリー」です。バラ科の落葉小高木で山野に自生し葉は楕円形です。

 

春に白色五弁の花を総状につけます。

 

和名は花序を采配に見立てたものからきていうようです。果実は小球形で紫黒色に熟し食べられます。

 

開花時期は4~5月。果期は6月です。

 

西洋采振り木(せいようざいふりぼく)散策路 180331撮影 
西洋采振り木(せいようざいふりぼく)散策路 180331撮影 
西洋采振り木(せいようざいふりぼく)散策路 180331撮影 
西洋采振り木(せいようざいふりぼく)散策路 180331撮影 
西洋采振り木(せいようざいふりぼく)散策路 180331撮影
西洋采振り木(せいようざいふりぼく)散策路 180331撮影

西洋采振り木の実(せいようざいふりぼく) 散策路 170524撮影  
西洋采振り木の実(せいようざいふりぼく) 散策路 170524撮影  
西洋采振り木の実(せいようざいふりぼく) 散策路 170524撮影 
西洋采振り木の実(せいようざいふりぼく) 散策路 170524撮影