大紫露草(おおむらさきつゆくさ) ・ 野茨(のいばら)


■大紫露草(おおむらさきつゆくさ)

大紫露草(おおむらさきつゆくさ)散策路180430撮影
大紫露草(おおむらさきつゆくさ)散策路180430撮影

 

●大紫露草(おおむらさきつゆくさ)

 

 

 

ムラサキツユクサは、シュッと長い葉っぱが垂れ下がり、間から紫色の花をたくさん咲かせます。中心の雄しべが黄色く、花に明かりがともったような見た目は、落ち着いた雰囲気があります。

 

また、1つ1つの花は1日でしぼんでしまいますが、次々と花が開く姿からはたくましさが感じられます。

 

花は大形で花径4センチから5センチの青紫色の3弁花を咲かせます。花の中央には雄しべが6本と雌しべ(花柱)があります。萼には毛が多いです。

 

「ひとときの幸せ」という花言葉は、1日で枯れてしまう様子に由来してつけられました。

 

「尊敬しています」は、次々と新しい花を咲かせる、力強い姿にちなみます。

 

開花時期は5月~9月、花の色は青紫、紫、白、ピンク。

 

 

大紫露草(おおむらさきつゆくさ)散策路180430撮影 
大紫露草(おおむらさきつゆくさ)散策路180430撮影 
大紫露草(おおむらさきつゆくさ)散策路180430撮影  
大紫露草(おおむらさきつゆくさ)散策路180430撮影  
大紫露草(おおむらさきつゆくさ)散策路180430撮影  
大紫露草(おおむらさきつゆくさ)散策路180430撮影  
大紫露草(おおむらさきつゆくさ)散策路180430撮影  
大紫露草(おおむらさきつゆくさ)散策路180430撮影  
大紫露草(おおむらさきつゆくさ)散策路180430撮影  
大紫露草(おおむらさきつゆくさ)散策路180430撮影  
大紫露草(おおむらさきつゆくさ)散策路180430撮影  
大紫露草(おおむらさきつゆくさ)散策路180430撮影  

■野茨(のいばら)

野茨(のいばら) 散策路 180430撮影
野茨(のいばら) 散策路 180430撮影

 

●野茨(のいばら)

 

 

 

晩春から初夏に、よく枝分かれして羽状の葉(奇数羽状複葉)を茂らせた枝先に、ほのかに香る白い5弁の小さな花が房状に咲き、秋に赤く熟した丸い実をつけます。

 

花言葉の「素朴な愛」は、八重咲きの大輪の華やかなバラに比べて野生のままで昔から変わらない一重の花の姿から、つけられています。

 

開花時期は4月~6月。

 

 

野茨(のいばら) 散策路 180430撮影 
野茨(のいばら) 散策路 180430撮影 
野茨(のいばら) 散策路 180430撮影 
野茨(のいばら) 散策路 180430撮影 
野茨(のいばら) 散策路 180430撮影 
野茨(のいばら) 散策路 180430撮影 
野茨(のいばら) 散策路 180430撮影 
野茨(のいばら) 散策路 180430撮影 
野茨(のいばら) 散策路 180430撮影  
野茨(のいばら) 散策路 180430撮影  
野茨(のいばら) 散策路 180430撮影 
野茨(のいばら) 散策路 180430撮影 
野茨(のいばら) 散策路 180430撮影 
野茨(のいばら) 散策路 180430撮影