辛夷(こぶし)2 ・ レッドロビン


■辛夷-2(こぶし)

辛夷とヒヨドリ 親水公園 180323撮影
辛夷とヒヨドリ 親水公園 180323撮影

 

●辛夷(こぶし)

 

 

モクレン科モクレン属、学名はMagnolia kobus。和名のコブシは、集合果でデコボコした果実の形状が握りこぶしに似ていることに由来します。また、つぼみの形が子供の握りこぶしに似ているとする説もあります。

 

昔はコブシの花が咲く時期に田打ち作業を始めたことから「田打ち桜(タウチザクラ)」の別名もあります。

 

花言葉の「愛らしさ」は、子供の握りこぶしのようなつぼみの形にちなむともいわれます。また「友情」「友愛」の花言葉は、純白で曇りのない花姿に由来するといわれます。

 

開花時期は、3~5月。

 

 

辛夷とヒヨドリ 親水公園 180323撮影 
辛夷とヒヨドリ 親水公園 180323撮影 

辛夷とヒヨドリ 親水公園 180323撮影  
辛夷とヒヨドリ 親水公園 180323撮影  
辛夷とヒヨドリ 親水公園 180323撮影  
辛夷とヒヨドリ 親水公園 180323撮影  

辛夷とヒヨドリ 親水公園 180323撮影 
辛夷とヒヨドリ 親水公園 180323撮影 

辛夷とヒヨドリ 親水公園 180323撮影  
辛夷とヒヨドリ 親水公園 180323撮影  
辛夷とヒヨドリ 親水公園 180323撮影   
辛夷とヒヨドリ 親水公園 180323撮影   

■レッドロビン

レッドロビンの芽吹き 散策路 180324撮影
レッドロビンの芽吹き 散策路 180324撮影

 

●レッドロビン(ベニカナメモチ) 

 

 

真っ赤な新芽が美しいレッドロビン。丈夫で育てやすく、強い剪定をしても枯れないことから、生垣によく利用されています。

 

春になると枝先に光沢の新葉で株が一気に赤く色づくことから、「賑やか」という花言葉がつけられました。

 

開花時期は、4~6月。

 

 

レッドロビンの芽吹き 散策路 180324撮影 
レッドロビンの芽吹き 散策路 180324撮影 
レッドロビンの芽吹き 散策路 180324撮影
レッドロビンの芽吹き 散策路 180324撮影
レッドロビンの芽吹き 散策路 180324撮影 
レッドロビンの芽吹き 散策路 180324撮影 

レッドロビンの芽吹き 散策路 180324撮影 
レッドロビンの芽吹き 散策路 180324撮影 
レッドロビンの芽吹き 散策路 180324撮影  
レッドロビンの芽吹き 散策路 180324撮影