土筆(つくし) ・ 柊南天(ひいらぎなんてん)


■土筆(つくし)

土筆(つくし) 散策路 180314撮影
土筆(つくし) 散策路 180314撮影

 

●土筆(つくし) 

 

 

早春に田んぼや土手などに、土から筆のように顔を出して、すくすくと伸び、筆のような形の頭から胞子を散らした後は、枯れて下から「スギナ」が出てきます。

 

土に突き立てた筆のように見える姿から、土筆(ツクシ)と表記されます。毎日ぐんぐんと土から突き出てくる様子から「突く突くし」が変化し、「つくし」になったとも言われています。

 

「向上心」という花言葉は、毎日1センチ位ずつぐんぐんと伸びてくる様子からつけられたようです。

 

開花時期は、3~4月。

 

 

 

土筆(つくし) 散策路 180314撮影 
土筆(つくし) 散策路 180314撮影 

土筆(つくし) 散策路 180314撮影 
土筆(つくし) 散策路 180314撮影 

土筆(つくし) 散策路 180317撮影 
土筆(つくし) 散策路 180317撮影 
土筆(つくし) 散策路 180317撮影  
土筆(つくし) 散策路 180317撮影  
土筆(つくし) 散策路 180317撮影  
土筆(つくし) 散策路 180317撮影  

土筆(つくし) 散策路 180317撮影   
土筆(つくし) 散策路 180317撮影   

■柊南天(ひいらぎなんてん)

柊南天(ひいらぎなんてん)散策路 180304撮影
柊南天(ひいらぎなんてん)散策路 180304撮影

 

●柊南天(ひいらぎなんてん)

 

 

柊南天の葉はヒイラギ(柊)の葉に似ていて、ナンテン(南天)のような実をつけることから名前が付けられたそうです。

 

中国ヒマヤラから渡来。

 

開花時期は3月~4月。花色は黄色。花が春の季語です。

 

 

柊南天(ひいらぎなんてん)散策路 180304撮影 
柊南天(ひいらぎなんてん)散策路 180304撮影 

柊南天(ひいらぎなんてん)散策路 180317撮影 
柊南天(ひいらぎなんてん)散策路 180317撮影 

柊南天(ひいらぎなんてん)散策路 180317撮影  
柊南天(ひいらぎなんてん)散策路 180317撮影