花梨の花(かりん) ・ 三つ葉つつじ


■花梨の花(かりん)

花梨の花(かりんのはな) 散策路 2022/04/11撮影 
花梨の花(かりんのはな) 散策路 2022/04/11撮影 

●花梨(かりん)

 

 

カリンは3月~5月ごろに淡いピンク色の花を咲かせ、果実は10月~11月ごろに熟します。

 

果実は芳香を放ち、果実に含まれる成分(カリンポリフェノール)はのどの炎症をしずめるとされ、のど飴にも多く配合されています。

 

和名のカリンは、その木目がフタバガキ科の花櫚(かりん)に似ていることに由来するともいわれます。

 

なお、かつてカリンはボケ属(Chaenomeles)に分類されていましたが、現在はカリン属(カリンのみの1属1種)とされます。

 

春の花(果実は秋)。花色はピンク、白。

 

開花時期は3月~5月、熟果期は10月~11月。

 

花言葉の「豊麗」は、春に淡く美しいピンク色の花を豊かに咲かせることにちなむといわれます。

花梨の花(かりんのはな) 散策路 2022/04/11撮影  
花梨の花(かりんのはな) 散策路 2022/04/11撮影  
花梨の花(かりんのはな) 散策路 2022/04/11撮影 
花梨の花(かりんのはな) 散策路 2022/04/11撮影 
花梨の花(かりんのはな) 散策路 2022/04/11撮影  
花梨の花(かりんのはな) 散策路 2022/04/11撮影  
花梨の花(かりんのはな) 散策路 2022/04/11撮影  
花梨の花(かりんのはな) 散策路 2022/04/11撮影  
花梨の花(かりんのはな) 散策路 2022/04/11撮影   
花梨の花(かりんのはな) 散策路 2022/04/11撮影   
花梨の花(かりんのはな) 散策路 2022/04/11撮影   
花梨の花(かりんのはな) 散策路 2022/04/11撮影   
花梨の花(かりんのはな) 散策路 2022/04/11撮影   
花梨の花(かりんのはな) 散策路 2022/04/11撮影   
花梨の花(かりんのはな) 散策路 2022/04/11撮影   
花梨の花(かりんのはな) 散策路 2022/04/11撮影   
花梨の花(かりんのはな) 散策路 2022/04/05撮影   
花梨の花(かりんのはな) 散策路 2022/04/05撮影   

■三つ葉つつじ

三つ葉つつじ 親水公園 2022/04/06撮影 
三つ葉つつじ 親水公園 2022/04/06撮影 

●三つ葉つつじ   

 

 

秋に葉を落として冬を越し、春に細く伸びた軽やかな枝先に紅紫色の明るい花が咲いたあと、ひし形の葉が3枚出ます。

 

花の名は、花が連なって咲く意味のツヅキ、筒形の花がツツシベ、ツツなどと呼ばれていたのが次第にツツジになり、開花後、枝先に3枚葉を出すことから名づけられました。

 

花言葉「節制」は、もともと山地や高原に自生していて、厳しい環境に強いとされることからつけられたそうです。

 

開花時期は、4~5月。

三つ葉つつじ 親水公園 2022/04/06撮影  
三つ葉つつじ 親水公園 2022/04/06撮影  
三つ葉つつじ 親水公園 2022/04/06撮影  
三つ葉つつじ 親水公園 2022/04/06撮影  
三つ葉つつじ 親水公園 2022/04/06撮影   
三つ葉つつじ 親水公園 2022/04/06撮影   
三つ葉つつじ 親水公園 2022/04/06撮影  
三つ葉つつじ 親水公園 2022/04/06撮影  
三つ葉つつじ 親水公園 2022/04/06撮影   
三つ葉つつじ 親水公園 2022/04/06撮影   
三つ葉つつじ 親水公園 2022/04/06撮影   
三つ葉つつじ 親水公園 2022/04/06撮影   
三つ葉つつじ 親水公園 2022/04/06撮影   
三つ葉つつじ 親水公園 2022/04/06撮影