アケビの花 ・ スモモの花


■アケビの花

アケビの花 散策路 2022/04/06撮影
アケビの花 散策路 2022/04/06撮影

●アケビの花(春の薬木)  

 

 

アケビはアケビ科のつる性の落葉低木の総称で、アケビ、ミツバアケビ、ゴヨウアケビ(アケビとミツバアケビの雑種)があり、4-5月頃に淡紫色の花を咲かせます。

 

アケビを表す漢字には「木通、通草」のほかに、「山女、山姫」がありますが、これは開いた実を女陰部にたとえたことからきています。

 

秋にはバナナの形をした果実が成り、その中の果肉は甘く、カンテンのような食感があります。

アケビの花 散策路 2022/04/06撮影 
アケビの花 散策路 2022/04/06撮影 
アケビの花 散策路 2022/04/06撮影 
アケビの花 散策路 2022/04/06撮影 
アケビの花 散策路 2022/04/06撮影  
アケビの花 散策路 2022/04/06撮影  
アケビの花 散策路 2022/04/06撮影  
アケビの花 散策路 2022/04/06撮影  
アケビの花 散策路 2022/04/06撮影  
アケビの花 散策路 2022/04/06撮影  
アケビの花 散策路 2022/04/06撮影   
アケビの花 散策路 2022/04/06撮影   
アケビの花 散策路 2022/04/06撮影   
アケビの花 散策路 2022/04/06撮影   

■スモモの花(李)

スモモの花(李) 散策路 2022/04/06撮影
スモモの花(李) 散策路 2022/04/06撮影

●スモモの実・花  ニッポンスモモ(日本季)

 

 

スモモの花は同じバラ科の梅や桜、モモの花に似ていますが、花柄や咲き方に違いがあります。

 

スモモの花柄は梅や桃に比べて長く、花芽1節につき3~5個、花びらが丸いのが特徴です。

 

「スモモ」という名前の由来は、「果実がモモに似ていること」と「酸味が強く酸っぱいこと」から「酸っぱいモモ」→「スモモ」と呼ばれるようになったというのが有力な説なようです。

 

開花は3月下旬頃~4月中旬。

 

スモモの花言葉は「忠実」「貞節」「独立」「疑惑」「甘い生活」「誤解」「困難」です。

スモモの花(李) 散策路 2022/04/06撮影
スモモの花(李) 散策路 2022/04/06撮影
スモモの花(李) 散策路 2022/04/06撮影 
スモモの花(李) 散策路 2022/04/06撮影 
スモモの花(李) 散策路 2022/04/06撮影 
スモモの花(李) 散策路 2022/04/06撮影 
スモモの花(李) 散策路 2022/04/06撮影 
スモモの花(李) 散策路 2022/04/06撮影 
スモモの花(李) 散策路 2022/04/06撮影  
スモモの花(李) 散策路 2022/04/06撮影  
スモモの花(李) 散策路 2022/04/06撮影  
スモモの花(李) 散策路 2022/04/06撮影  
スモモの花(李) 散策路 2022/04/06撮影  
スモモの花(李) 散策路 2022/04/06撮影