杏の実(あんず) ・ 睡蓮(すいれん)


■杏の実(あんず)

杏の実(あんず) 散策路 2021/05/30撮影
杏の実(あんず) 散策路 2021/05/30撮影

 

●杏(あんず) 

 

 

あんず飴や杏仁豆腐など食用としても人気のあるアンズ。

 

春、桜よりも少し早くピンクの花を咲かせ、初夏にウメによく似た実をつけます。

 

花言葉は、「臆病な愛」「乙女のはにかみ」「疑い」「疑惑」。

 

開花時期は、2月~4月。

 

 

杏の実(あんず) 散策路 2021/05/30撮影
杏の実(あんず) 散策路 2021/05/30撮影
杏の実(あんず) 散策路 2021/05/30撮影
杏の実(あんず) 散策路 2021/05/30撮影
杏の実(あんず) 散策路 2021/05/30撮影
杏の実(あんず) 散策路 2021/05/30撮影
杏の実(あんず) 散策路 2021/05/30撮影
杏の実(あんず) 散策路 2021/05/30撮影
杏の実(あんず) 散策路 2021/05/30撮影
杏の実(あんず) 散策路 2021/05/30撮影

■睡蓮(すいれん)

睡蓮(すいれん) 散策路 2021/05/30撮影 
睡蓮(すいれん) 散策路 2021/05/30撮影 

 

●睡蓮(すいれん) 

 

 

 

水面に浮いたように大きな花を咲かせる睡蓮は、幻想的な雰囲気を演出してくれます。

 

睡蓮は、朝に咲いた花が夕方には眠るように閉じてしまいます。この様子と、放射状に広がる花姿から、古代エジプトでは太陽のシンボルとされており、装飾のモチーフや神話などに睡蓮はよく登場します。

 

花言葉の「信仰」は神聖な花であることにちなむとされています。「清純な心」という花言葉は、野生の睡蓮の多くが白い花を咲かせることに由来しています。

 

色別の花言葉は、白は「純粋」、ピンクは「信頼」。

 

開花時期は、5~10月。

 

 

睡蓮(すいれん) 散策路 2021/05/30撮影 
睡蓮(すいれん) 散策路 2021/05/30撮影 
睡蓮(すいれん) 散策路 2021/05/30撮影
睡蓮(すいれん) 散策路 2021/05/30撮影
睡蓮(すいれん) 散策路 2021/05/30撮影
睡蓮(すいれん) 散策路 2021/05/30撮影
睡蓮
睡蓮
睡蓮(すいれん) 散策路 2021/05/30撮影
睡蓮(すいれん) 散策路 2021/05/30撮影