小判草(こばんそう) ・ 紫蘭(しらん)


■小判草(こばんそう)

小判草(こばんそう) 散策路公園 2021/04/11撮影
小判草(こばんそう) 散策路公園 2021/04/11撮影

 

●小判草(こばんそう)

 

 

 

 

晩春から夏に、線形の葉の間からまっすぐ伸びた茎先が枝分かれし、細い糸のような花柄をまばらに出して、淡い緑の小さな花穂をつけ、花穂が実ってくると黄褐色になります。

 

花の名は、穂の形が小判に似ていることから名づけられました。別名のタワラムギ(俵麦)は、穂を俵に見立ててつけられています。

 

コバンソウはイネ科の植物で、小花が集まった小穂ができ、花びらのない小花からおしべが少し出ています。

 

花言葉「金満家」は、花名どおり花穂が小判のように見えることからつけられています。

 

開花時期は、5月~7月。

 

 

小判草(こばんそう) 散策路公園 2021/04/11撮影
小判草(こばんそう) 散策路公園 2021/04/11撮影
小判草(こばんそう) 散策路公園 2021/04/11撮影
小判草(こばんそう) 散策路公園 2021/04/11撮影
小判草(こばんそう) 散策路公園 2021/04/11撮影
小判草(こばんそう) 散策路公園 2021/04/11撮影
小判草(こばんそう) 散策路公園 2021/04/11撮影
小判草(こばんそう) 散策路公園 2021/04/11撮影
小判草(こばんそう) 散策路公園 2021/04/11撮影
小判草(こばんそう) 散策路公園 2021/04/11撮影

■紫蘭(しらん)

紫蘭(しらん) 散策路公園 2021/04/11撮影
紫蘭(しらん) 散策路公園 2021/04/11撮影

 

●紫蘭(しらん)

 

 

 

春の花、紫蘭はスッと伸びた葉とランらしい派手な花の対比が美しい花です。

 

結実した実の中には、たくさんの種が入っています。種は、あちこちに飛び散った後、地上部は枯れ、そのまま休眠します。

 

花色は、紫、赤紫、白、薄ピンク。スッと伸びた葉とランらしい派手な花の対比が美しい花です。

 

紫蘭の花言葉は、うつむいたように咲く花姿から、「美しい姿」という花言葉が付けられたそうです。

 

開花時期は5~6月。

 

 

紫蘭(しらん) 散策路公園 2021/04/11撮影
紫蘭(しらん) 散策路公園 2021/04/11撮影
紫蘭(しらん) 散策路公園 2021/04/11撮影
紫蘭(しらん) 散策路公園 2021/04/11撮影
紫蘭(しらん) 散策路公園 2021/04/11撮影
紫蘭(しらん) 散策路公園 2021/04/11撮影
紫蘭(しらん) 散策路公園 2021/04/11撮影
紫蘭(しらん) 散策路公園 2021/04/11撮影
紫蘭(しらん) 散策路公園 2021/04/11撮影
紫蘭(しらん) 散策路公園 2021/04/11撮影
紫蘭(しらん) 散策路公園 2021/04/11撮影
紫蘭(しらん) 散策路公園 2021/04/11撮影
紫蘭(しらん) 散策路公園 2021/04/11撮影
紫蘭(しらん) 散策路公園 2021/04/11撮影
紫蘭(しらん) 散策路公園 2021/04/11撮影
紫蘭(しらん) 散策路公園 2021/04/11撮影