花桃の花(はなもも) ・ 白木蓮(はくもくれん)


■花桃の花(はなもも)

花桃の花(はなもも) 散策路 2020/03/01撮影
花桃の花(はなもも) 散策路 2020/03/01撮影

 

●花桃の花(はなもも) 

 

 

 

春の日を浴びて、葉のない枝を隠すように、あでやかなピンクや淡い紅色、白などの一重や八重の花が咲き乱れます。

 

花の名は、実が多く成ることを意味する百(もも)や実々(みみ)が転じたモモと、花を観賞するために品種改良されたことから名づけられたようです。

 

花色は赤色、ピンク色、白色。一重、八重咲きがあり、樹形は立性で、枝垂れ性、ほうき立ち性、矮性など。花を観賞する目的で桃を改良された品種で、桃の節句(雛祭り)に飾られたり、花の見栄えが良いため庭木で育てられることが多いそうです。

 

花言葉は、「恋のとりこ」。

 

開花時期は、3~4月。

 

花桃の花(はなもも) 散策路 2020/03/01撮影
花桃の花(はなもも) 散策路 2020/03/01撮影
花桃の花(はなもも) 散策路 2020/03/01撮影
花桃の花(はなもも) 散策路 2020/03/01撮影
花桃の花(はなもも) 散策路 2020/03/01撮影
花桃の花(はなもも) 散策路 2020/03/01撮影
花桃の花(はなもも) 散策路 2020/03/01撮影
花桃の花(はなもも) 散策路 2020/03/01撮影

■白木蓮(はくもくれん)

白木蓮(はくもくれん) 自宅庭 2020/03/01撮影
白木蓮(はくもくれん) 自宅庭 2020/03/01撮影

 

●白木蓮(はくもくれん)

 

 

 

白木蓮はモクレンの仲間で、真っ白な花が春の訪れを感じさせてくれる落葉高木の1つです。

 

花が開くと風が上品な香りを運び、心を和ませてくれます。

 

白木蓮はモクレン属の植物で、厳密には木蓮(別名、紫木蓮)とは異なります。

 

白木蓮は樹高10~15mほどに生長し、春になると新葉が出る前に大型で厚みのある白い卵形の花を上向きにたくさん咲かせます。

 

紫木蓮に比べて開花時期が早く、2~3日ほど咲いた後に枯れてしまいます。花びらは肉厚で、満開になると強い香りを放つことが特徴です。

 

また白木蓮の性質のもう1つが開花期に葉っぱをつけないことがあります。

 

また、花は完全に開ききらず、斜め上向きに白い花を咲かせるのが特徴です。

 

花言葉は、「気高さ」。開花時期は3~4月。

 

 

白木蓮(はくもくれん) 自宅庭 2020/03/01撮影
白木蓮(はくもくれん) 自宅庭 2020/03/01撮影
白木蓮(はくもくれん) 自宅庭 2020/03/01撮影
白木蓮(はくもくれん) 自宅庭 2020/03/01撮影
白木蓮(はくもくれん) 自宅庭 2020/03/01撮影
白木蓮(はくもくれん) 自宅庭 2020/03/01撮影
白木蓮(はくもくれん) 自宅庭 2020/03/01撮影
白木蓮(はくもくれん) 自宅庭 2020/03/01撮影