立葵(たちあおい) ・ 美容柳(びようやなぎ) ・ 梅花空木(ばいかうつぎ)


■立葵(たちあおい)

立葵(たちあおい) 散策路 160527撮影
立葵(たちあおい) 散策路 160527撮影

●立葵(たちあおい)白・ピンク

 

 

葵は、6~8月の頃に花を咲かせます。梅雨入り頃から茎の下の方から花が咲きはじめ、徐々に上の方の花が咲いていきます。てっぺんの方の花が咲くと、梅雨が明けるといわれています。一年草と多年草のタイプがあり、ハイビスカスに似た花を茎の先にいくつも咲かせます。タチアオイは、もともとは中国原産と考えられていました。ただ、現在ではトルコや地中海沿岸を原産とする植物の雑種とする説が有力といわれています。

 

タチアオイにはたくさんの実がなることから「大望」「野心」「豊かな実り」という花言葉が付けられました。花色は、白、赤、ピンク、オレンジ、黄、黒、紫、複色など。

 

開花時期は、6~8月。

立葵(たちあおい) 散策路 160527撮影 
立葵(たちあおい) 散策路 160527撮影 



立葵(たちあおい) 散策路 160527撮影 
立葵(たちあおい) 散策路 160527撮影 

■美容柳(びようやなぎ)

美容柳(びようやなぎ) 散策路 160527撮影
美容柳(びようやなぎ) 散策路 160527撮影

●美容柳(びようやなぎ)

 

 

初夏になると、向き合う2枚の細長い葉が互い違い(十字対生)について枝分かれした細い枝先に、鮮黄色の5弁花が、たくさんの長いおしべが突き出して次から次へと咲きます。

 

花言葉の「気高さ」は、花弁につやがあり、梅雨の中でも金色に光り輝くような花の美しさがあることからと、言われています。

 

開花時期は、6~7月。

美容柳(びようやなぎ) 散策路 160527撮影
美容柳(びようやなぎ) 散策路 160527撮影



■梅花空木(ばいかうつぎ)

梅花空木(ばいかうつぎ) 実家庭 160527撮影
梅花空木(ばいかうつぎ) 実家庭 160527撮影

●梅花空木(ばいかうつぎ)

 

 

晩春から初夏にかけて、地ぎわから枝分かれして伸びた枝先や浅いギザギサのある(鋸歯)葉のわきに、白い4弁の清楚な花が集まって咲き、ほのかに香ります。花の名は、枝がウツギ(空木)のように中空になり、白い花がウメ(梅)の花に似ていることから名づけられました。

 

花言葉「気品」はウメと同じ花言葉で、初夏に咲く涼やかな香りのある白い花の清らかさをたとえています。

 

開花時期は、5~7月。

梅花空木(ばいかうつぎ) 実家庭 160527撮影
梅花空木(ばいかうつぎ) 実家庭 160527撮影