白木蓮(はくもくれん) ・ 袋撫子(ふくろなでしこ)


■白木蓮(はくもくれん)

白木蓮(はくもくれん) 自宅庭 170312撮影
白木蓮(はくもくれん) 自宅庭 170312撮影

●白木蓮(はくもくれん)

 

 

白木蓮はモクレンの仲間で、真っ白な花が春の訪れを感じさせてくれる落葉高木の1つです。花が開くと風が上品な香りを運び、心を和ませてくれます。

 

白木蓮はモクレン属の植物で、厳密には木蓮(別名、紫木蓮)とは異なります。白木蓮は樹高10~15mほどに生長し、春になると新葉が出る前に大型で厚みのある白い卵形の花を上向きにたくさん咲かせます。

 

紫木蓮に比べて開花時期が早く、2~3日ほど咲いた後に枯れてしまいます。花びらは肉厚で、満開になると強い香りを放つことが特徴です。また白木蓮の性質のもう1つが開花期に葉っぱをつけないことがあります。また、花は完全に開ききらず、斜め上向きに白い花を咲かせるのが特徴です。

 

花言葉は、「気高さ」。 

開花時期は3~4月。

白木蓮(はくもくれん) 自宅庭 170312撮影 
白木蓮(はくもくれん) 自宅庭 170312撮影 


白木蓮(はくもくれん) 自宅庭 170306撮影 
白木蓮(はくもくれん) 自宅庭 170306撮影 


白木蓮(はくもくれん) 散策路 170306撮影 
白木蓮(はくもくれん) 散策路 170306撮影 
白木蓮(はくもくれん) 散策路 170320撮影 
白木蓮(はくもくれん) 散策路 170320撮影 

白木蓮(はくもくれん) 散策路 170320撮影 
白木蓮(はくもくれん) 散策路 170320撮影 

■袋撫子(ふくろなでしこ)

袋撫子(ふくろなでしこ) 福泉寺 170318撮影
袋撫子(ふくろなでしこ) 福泉寺 170318撮影

●袋撫子(ふくろなでしこ)

 

 

春から初夏にかけて、すっと伸びた茎の上部で枝分かれした花茎の先に、濃いピンクの5弁の花がまとまって咲きます。花の名は、茎上部の葉の下に粘液を出すことから、ギリシャ語のsialon(唾液)に由来し、酒の神バッカスの養父シレネが酔って泡を吹いた姿にたとえて名づけられたそうです。

 

花言葉の「未練」「しつこさ」は、茎のベタツキから連想してつけられているようです。

袋撫子(ふくろなでしこ) 福泉寺 170318撮影
袋撫子(ふくろなでしこ) 福泉寺 170318撮影


袋撫子(ふくろなでしこ) 福泉寺 170318撮影
袋撫子(ふくろなでしこ) 福泉寺 170318撮影

袋撫子(ふくろなでしこ) 福泉寺 170318撮影
袋撫子(ふくろなでしこ) 福泉寺 170318撮影