夏椿(なつつばき) 実家庭 2020/06/09撮影 
夏椿(なつつばき) 実家庭 2020/06/09撮影 

 

夏椿(なつつばき) ・ 梔子(くちなし)


■夏椿(なつつばき)

夏椿(なつつばき) 実家庭 2020/06/09撮影  
夏椿(なつつばき) 実家庭 2020/06/09撮影  

 

●夏椿(なつつばき)

 

 

別名をシャラノキ(娑羅樹)といいます。

 

名前の由来は、夏にツバキに似ている花を咲かせることから付けられました。別名のシャラノキ(沙羅樹)は、仏教の聖樹、フタバガキ科の娑羅樹(サラノキ)に擬せられ、この名がついたといわれています。

 

花言葉は、「愛らしさ」「はかない美しさ」「哀愁」。

開花時期は6~7月。花色は白色。「沙羅の花」が夏の季語になっています。

 

 

夏椿(なつつばき) 実家庭 2020/06/09撮影  
夏椿(なつつばき) 実家庭 2020/06/09撮影  
夏椿(なつつばき) 実家庭 2020/06/09撮影   
夏椿(なつつばき) 実家庭 2020/06/09撮影   

■梔子(くちなし)

梔子(くちなし) 実家庭 2020/06/07撮影
梔子(くちなし) 実家庭 2020/06/07撮影

 

●梔子の花(くちなし)

 

 

初夏の風に鼻をくすぐる甘い香りを放つクチナシの花。

 

クチナシは、ジャスミンのような香りがするので英語では「ケープ・ジャスミン(Cape jasmine)」と呼ばれています。ケープは喜望峰(Cape of Good Hope)のことです。

 

もともと一重咲きのクチナシ。品種改良によりバラのような八重咲きの品種も作り出されておりガーデニアとも呼ばれています。

 

花言葉は、「とても幸せです」「喜びを運ぶ」「洗練」「優雅」。 

開花時期は、6月~7月。

 

 

梔子(くちなし) 実家庭 2020/06/09撮影
梔子(くちなし) 実家庭 2020/06/09撮影
梔子(くちなし) 実家庭 2020/06/09撮影
梔子(くちなし) 実家庭 2020/06/09撮影
梔子(くちなし) 実家庭 2020/06/09撮影 
梔子(くちなし) 実家庭 2020/06/09撮影 
梔子(くちなし) 実家庭 2020/06/09撮影 
梔子(くちなし) 実家庭 2020/06/09撮影