花菖蒲(はなしょうぶ) ・ 夏椿(なつつばき)シャラノキ


■花菖蒲(はなしょうぶ)

花菖蒲(はなしょうぶ) 東慶寺 2019/06/06撮影 
花菖蒲(はなしょうぶ) 東慶寺 2019/06/06撮影 

 

●花菖蒲(はなしょうぶ)・・東慶寺白蓮舎前

 

 

 

6月は鮮やかな花を咲かせる「花菖蒲」の季節です。

 

その優雅で気品ある姿は涼しげで、憂鬱な気持ちを吹き飛ばしてくれます。花菖蒲はアヤメ属に分類される多年草で水辺や湿原に自生しています。

 

すっと伸びた茎の先に青や紫の花を咲かせます。花菖蒲は付け根に黄色い模様が入ります。

 

花言葉の「優しい心」「優雅」は、垂れ下げるように咲いた花姿に由来します。

 

開花時期は、6~7月。

 

花菖蒲(はなしょうぶ) 東慶寺松ヶ岡宝蔵 2019/06/06撮影 
花菖蒲(はなしょうぶ) 東慶寺松ヶ岡宝蔵 2019/06/06撮影 
花菖蒲(はなしょうぶ) 東慶寺 2019/06/06撮影 
花菖蒲(はなしょうぶ) 東慶寺 2019/06/06撮影 
花菖蒲(はなしょうぶ) 東慶寺 2019/06/06撮影 
花菖蒲(はなしょうぶ) 東慶寺 2019/06/06撮影 
花菖蒲(はなしょうぶ) 東慶寺 2019/06/06撮影 
花菖蒲(はなしょうぶ) 東慶寺 2019/06/06撮影 
花菖蒲(はなしょうぶ) 東慶寺白蓮舎 2019/06/06撮影 
花菖蒲(はなしょうぶ) 東慶寺白蓮舎 2019/06/06撮影 
花菖蒲(はなしょうぶ) 東慶寺 2019/06/06撮影 
花菖蒲(はなしょうぶ) 東慶寺 2019/06/06撮影 
花菖蒲(はなしょうぶ) 東慶寺白蓮舎 2019/06/06撮影 
花菖蒲(はなしょうぶ) 東慶寺白蓮舎 2019/06/06撮影 

■夏椿(なつつばき)シャラノキ

夏椿(なつつばき) 実家の庭 2019/06/08撮影
夏椿(なつつばき) 実家の庭 2019/06/08撮影

 

●夏椿(なつつばき) 

 

 

 

別名をシャラノキ(娑羅樹)といいます。名前の由来は、夏にツバキに似ている花を咲かせることから付けられました。

 

別名のシャラノキ(沙羅樹)は、仏教の聖樹、フタバガキ科の娑羅樹(サラノキ)に擬せられ、この名がついたといわれています。

 

花言葉は、「愛らしさ」「はかない美しさ」「哀愁」。

 

開花時期は6~7月。花色は白色。

 

「沙羅の花」が夏の季語になっています。

 

夏椿(なつつばき) 実家の庭 2019/06/08撮影
夏椿(なつつばき) 実家の庭 2019/06/08撮影
夏椿(なつつばき) 実家の庭 2019/06/08撮影
夏椿(なつつばき) 実家の庭 2019/06/08撮影
夏椿(なつつばき) 実家の庭 2019/06/08撮影
夏椿(なつつばき) 実家の庭 2019/06/08撮影
夏椿(なつつばき) 実家の庭 2019/06/08撮影
夏椿(なつつばき) 実家の庭 2019/06/08撮影
夏椿(なつつばき) 実家の庭 2019/06/08撮影
夏椿(なつつばき) 実家の庭 2019/06/08撮影

夏椿(なつつばき) 実家の庭 2019/06/08撮影
夏椿(なつつばき) 実家の庭 2019/06/08撮影