洋種山牛蒡(ようしゅやまごぼう)


■洋種山牛蒡(ようしゅやまごぼう)

洋種山牛蒡(ようしゅやまごぼう) 散策路 2022/07/04撮影
洋種山牛蒡(ようしゅやまごぼう) 散策路 2022/07/04撮影

●洋種山牛蒡(ようしゅやまごぼう)

 

 

初夏から秋にかけて、紅紫色の茎先が枝分かれし、次々と花穂をつけて四方に広がりながら、花弁のない淡い紅色を帯びた白い小花が咲いて緑の実を結び、秋に黒く熟します。

 

花の名は、外来(外国産)のヤマゴボウの意味で、ヤマゴボウは地中深くまで入っている太い根がゴボウに似ていることから名づけられました。

 

花言葉「野生」は、明治初めに渡来して、実を食べた鳥にタネを運んでもらって繁殖し、今では空き地や道端でたくましく雑草化していることからつけられたと思われます。

 

有毒植物です。開花時期は夏~秋。

洋種山牛蒡(ようしゅやまごぼう) 散策路 2022/07/04撮影
洋種山牛蒡(ようしゅやまごぼう) 散策路 2022/07/04撮影
洋種
洋種
洋種山牛蒡(ようしゅやまごぼう) 散策路 2022/07/04撮影
洋種山牛蒡(ようしゅやまごぼう) 散策路 2022/07/04撮影
洋種山牛蒡(ようしゅやまごぼう) 散策路 2022/07/23撮影
洋種山牛蒡(ようしゅやまごぼう) 散策路 2022/07/23撮影