合歓木(ねむのき)


■合歓木(ねむのき)

合歓木(ねむのき) 散策路 2021/06/13撮影
合歓木(ねむのき) 散策路 2021/06/13撮影

 

 

●合歓木の花(ねむのき) 

 

 

 

合歓木(ネムノキ)」は、この植物が夜になるとゆっくりと葉を閉じることから「眠りの木(ねむりのき)」が転訛して、ネムノキになったといわれます。

 

夜になると葉を合わせるように閉じる習性から中国ではネムノキが夫婦円満の象徴とされています。

 

花言葉の「歓喜」「胸のときめき」はこれにちなむともいわれます。

 

開花時期は6月から8月。

 

 

 

合歓木(ねむのき) 散策路 2021/06/13撮影   
合歓木(ねむのき) 散策路 2021/06/13撮影   
合歓木(ねむのき) 散策路 2021/06/13撮影   
合歓木(ねむのき) 散策路 2021/06/13撮影   
合歓木(ねむのき) 散策路 2021/06/13撮影
合歓木(ねむのき) 散策路 2021/06/13撮影
合歓木(ねむのき) 散策路 2021/06/13撮影
合歓木(ねむのき) 散策路 2021/06/13撮影
合歓木(ねむのき) 散策路 2021/06/13撮影
合歓木(ねむのき) 散策路 2021/06/13撮影
合歓木(ねむのき) 散策路 2021/06/13撮影
合歓木(ねむのき) 散策路 2021/06/13撮影

■凌霄花(のうぜんかずら)

凌霄花(のうぜんかずら) 散策路 2021/06/21撮影 
凌霄花(のうぜんかずら) 散策路 2021/06/21撮影 

 

●凌霄花(のうぜんかずら)

 

 

 

凌霄花は、真夏に鮮やかなオレンジ色の花を咲かせる花木です。つるを壁や木に生やし、どんどん花を咲かせていきます。平安時代には、薬として使われていたようです。

 

花名のノウゼンカズラは、漢名「凌霄花」の音読み「りょうしょう」が転じて「のうぜん」になったともいわれます。

 

ラッパ型の花を咲かせ、花言葉の「名声」「名誉」も、勝者などを祝福する際のファンファーレでトランペットを吹くことにちなむといわれています。

 

開花時期は、7月~9月。花色は、オレンジ、黄、赤、ピンク。

 

 

凌霄花(のうぜんかずら) 散策路 2021/06/21撮影 
凌霄花(のうぜんかずら) 散策路 2021/06/21撮影 
凌霄花(のうぜんかずら) 散策路 2021/06/21撮影 
凌霄花(のうぜんかずら) 散策路 2021/06/21撮影 
凌霄花(のうぜんかずら) 散策路 2021/06/21撮影 
凌霄花(のうぜんかずら) 散策路 2021/06/21撮影 
凌霄花(のうぜんかずら) 散策路 2021/06/21撮影 
凌霄花(のうぜんかずら) 散策路 2021/06/21撮影 
凌霄花(のうぜんかずら) 散策路 2021/06/21撮影 
凌霄花(のうぜんかずら) 散策路 2021/06/21撮影 
凌霄花(のうぜんかずら) 散策路 2021/06/21撮影 
凌霄花(のうぜんかずら) 散策路 2021/06/21撮影