百日紅(さるすべり)


■百日紅(さるすべり)ピンク

百日紅(さるすべり) ピンク 散策路 160709撮影
百日紅(さるすべり) ピンク 散策路 160709撮影

●百日紅(さるすべり)

 

 

サルスベリは、別名「百日紅」(ヒャクジツコウ)の名のとおり、初夏から秋までの長い間鮮やかな紅色やピンク、白などの花を咲かせる花木です。

 

開花時期は710月。ピンクや白、濃い紅紫、紫色に染まった花びらを710月の約100日間ほど咲かせてくれます。

 

江戸時代から花木として親しまれてきました。樹高210mほどに生長し、つやのある濃い緑色の葉っぱを互い違いに生やします。樹皮が白く、なめらかな手触りをしていることが特徴です。花びらの縮れた小さな花がまとまって穂のように咲き、美しい花姿が楽しめます。

 

花言葉は、「雄弁」「愛嬌」「あなたを信じる」。

百日紅(さるすべり) ピンク 散策路 160709撮影 
百日紅(さるすべり) ピンク 散策路 160709撮影 


百日紅(さるすべり) ピンク 散策路 160702撮影 
百日紅(さるすべり) ピンク 散策路 160702撮影 



■百日紅(さるすべり)白色

百日紅(さるすべり) 白 散策路 160708撮影 
百日紅(さるすべり) 白 散策路 160708撮影