七変化(しちへんげ)・ 紫君子蘭(むらさきくんしらん) ・ 捩花(ねじばな)


■七変化(しちへんげ)

七変化(しちへんげ) 自宅庭 160623撮影
七変化(しちへんげ) 自宅庭 160623撮影

●七変化(しちへんげ)(ランタナ)

 

 

黄、オレンジ、赤などの鮮やかな小花が半球形に群れるように咲くランタナ。

 

外側から内側へ咲き進むにつれて花の色が変化することから「七変化(しちへんげ)」の別名があります。

 

花言葉の「心変わり」は、花色が徐々に変化することに由来します。「合意」の花言葉は、小花が半球形に集まって咲く姿にちなみます。

 

花色は赤、ピンク、白、黄、オレンジ、紫など。開花時期は、6~10月。




七変化(しちへんげ) 自宅庭 160623撮影 
七変化(しちへんげ) 自宅庭 160623撮影 

■紫君子蘭(むらさきくんしらん)

紫君子蘭(むらさきくんしらん) 散策路 160615撮影
紫君子蘭(むらさきくんしらん) 散策路 160615撮影

●紫君子蘭(むらさきくんしらん)

 

 

属名の学名「アガパンサス」は、ギリシア語の「agape(愛)」と「anthos(花)」が語源となり、「愛の花」という意味があります。

 

花言葉も「愛の花」という意味をもつアガパンサスの名前にちなんだものとなり、「恋の訪れ」「ラブレター」の花言葉がつけられました。「知的な装い」の花言葉は、淡青紫色の涼しげで繊細な花姿に由来するといわれます。

 

開花時期は。6~8月。



紫君子蘭(むらさきくんしらん) 散策路 160615撮影
紫君子蘭(むらさきくんしらん) 散策路 160615撮影
紫君子蘭(むらさきくんしらん) 散策路160609撮影
紫君子蘭(むらさきくんしらん) 散策路160609撮影

紫君子蘭(むらさきくんしらん) 散策路160609撮影 
紫君子蘭(むらさきくんしらん) 散策路160609撮影 

■捩花(ねじばな)

捩花(ねじばな) 自宅庭 160615撮影
捩花(ねじばな) 自宅庭 160615撮影

●捩花(ねじばな)

 

 

花茎にねじれるように小花を咲かせていくことから、この名前になりました。花のねじれの方向は、「左巻き」に限定されているわけではなく、右巻きのものもあるようです。ラン科の多年草。

 

花色は、淡紅、ピンク、白。開花時期は、4~10月。